>

まず確認をしよう

まず載せても大丈夫なのか

まず著作権に関わるような写真や文章を投稿する手前、この内容は乗せても大丈夫なのかと再確認する必要があります。
例えばもし相手の顔写真を撮って、相手に許可をもらったとしても、SNSに投稿した後に相手の身の回りの環境が大きく変化してしまった場合、それはとても大変な問題になります。
それで相手がいい方向に進んで、幸せになれたのならば問題はありませんが、もし悪い方向に進んだ場合少なくともあなたにも責任は生じることがあります。
なのでまず載せる前に、相手の立場になってこれは載せても大丈夫なのか、自分でしっかりと判断をしなければなりません。
相手の許可が出たら、載せるという問題だけでなく相手の立場も考えることも重要です。

もっと確認したいのならば

もし著作権侵害によって訴えられるのが怖いというのならば、もっと確認作業をしてみましょう。
特に企業がらみ、仕事がらみだとかなりの確認作業は必要でしょう。
社内のデスクにて極秘資料が写り込んだ写真とかなどは、著作権侵害以前の問題になります。
企業の流出問題であなたの人生に大きなダメージを負うことになるでしょう。
そうならないためにも、まず何を持って著作権侵害につながるのかそのあたりを調べてから、SNSを活用する方法もあります。
ただ、著作権侵害の他にも肖像権などSNSに関する法律は、ユーザーの増加により新たな法律もできてしまっているため、著作権侵害の他にもどんな問題があるのか徹底的に調べたほうがいいでしょう。


この記事をシェアする